BLOG

パトロール日誌

2016.03.01

【3月1日】おはようございます。吹雪の翌日は快晴!

おはようございます。朝7時半で-11℃に冷え込んだヘブンスそのはらです。

 ▲
 おかげで、恵那山は真っ白に戻りました!にっぽん百名山の麓でスキーをできるなんて、なんか嬉しいですね。






昨日は、午前中から夜まで、雪が降り続いて、今日はスキー場全体がモフモフたっぷりの雪!?
となるかと期待していたのですが、湿った雪の層が冷え込んで固くなった上に、気温が急激に下がって風が強い中に粉雪が降り続いて、そのまま雪が止んでも風が吹き荒れていたので、雪が風下だけに溜まったというコンディションになっています。&風で叩かれると、雪が締まる現象(ウィンドウクラスト)になるので、一部、新雪表面がカリッとしたところもありますね。

というわけで、ヘブンス全体的にゲレンデ内の下から見て左側は、いつもどおりの圧雪バーン、右側に粉雪が乗った滑りやすい新雪バーンとなっています!


 ▲
 たまっている雪は、フカフカのパウダースノーです

 パノラマコースの山頂付近は、雪と樹氷の世界
 ▼



 ▲
 圧雪されたバーンの上に新雪がうっすらとのっています

 だいぶ新雪は吹き飛んではいますが、それでもシュプールはキレイに描けると思いますよ~
 ▼



 ▲
 新雪吹き溜まりを狙うなら、サウスウィング上部になりますね。未圧雪の状態で残しています!
 といっても、平日は第3リフトが動いていないので、第2リフトの山頂からスキー板担いで歩くしかないんですが。。。(歩いてアクセスしていただくのは、パトロールとしても問題ありませんが、土が出ていますので、くれぐれも気をつけてくださいね)
 
 朝2番に行きましたが、サウスウィング上部には、何人かのお客様の滑ったトレースも残っていました。
  動画の通り、コブの頭が出ている以外は、美味しい粉雪が溜まっています。
  ちょっと歩くのが手間ですが(パトロール隊では徒歩5分)、新雪好きの方にはオススメです!

 

 午後2時のサウスウィングコース上部です。みなさん、楽しんでいただいたようで、たくさんのシュプールがついていますね。








午後になって南アルプスが雲一つない青空の中、うかびあがってきました!
今日は特に、下の写真中央の塩見岳が美しい勇姿を見せてくれていますね


この後、週末にむけて気温が上がってきてしまうようなので、「冬の雪」を楽しみたい方は、今週の金曜日ぐらいまでが今シーズン最後の!?チャンスでしょうか。毎日、晴れるようなので、気持よく滑れそうですね。
ヘブンスの冬シーズンも3月27日まで、残り27日。楽しく安全に、たっぷりと練習して、思い残しがないように、春を迎えましょう  パトロール やぶでした。

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

よく読まれている記事

スキー保険
PAGE TOP