BLOG

パトロール日誌

2016.02.18

【2月18日】雪の中で水芭蕉も石楠花も春を待っています

おはようございます&こんにちは!
朝で-8.8℃、お昼で-0.3℃ 新雪が+5cm 快晴のヘブンスそのはら@センターハウス前です。

昨日はアラレのような雪が降って、スキー場全体が新雪でパックされました。

 ▲
 南アルプスも、北から南まで、キレイに雪化粧をしています

今日は、天気も良くて気温も気持ちがいい寒さなので、いわなの森に行ってみましょう!!

 第三リフトの脇から入っていきます
 ▼
 

 ▲
 木道の上はうっすらと雪が積もっていて、野生の動物達の足跡が、先についていました!




いわなの森のいわな湖(?)は、昨日の冷えで、うっすらと氷が張っていて、日の光を受けて輝いていました

スノーシューコースは、だいぶ積雪もうっすらになって、冬山用の登山靴か、スノトレであれば、楽しく雪の中を散策できそうです




いわなの森のあちこちに、散策マップがありますので、参考にしてください。

で、ミズバショウが気になって

見に行ってみますと、、、



凍えながらも、しっかりと芽を膨らませてきていました。
雪がとけたり降ったりを繰り返しているので、水芭蕉も、ゆっくりと春を待っているようです



こっちの湖も日陰はしっかりと氷をはっていますね

湖畔には、、、




たくさんの花の芽をつけた、地元を代表する シャクナゲが春を待っていました
ここ、ヘブンスそのはらから恵那山・中央アルプスにかけての山域は、春になると美しいシャクナゲが見られる場所としても有名です。
シャクナゲは年によって、たくさん花が咲く年と、あまり咲かない年がありますが、今年の花芽を見る限りでは、今年は当たり年になりそうですよ!


さてと、お昼を食べに一度、センターハウスに戻ってみましょう。
他の日のブログ記事になっていますが、平日のみ、今だけ期間限定のスペシャルメニューが出ています!


 ▲
 トマトベースの煮込みハンバーグ 手作りロールパン
 ミラノ風カツレツ
 ▼



お腹を満たしたところで、展望台&富士見台高原へのトレッキングに行ってみましょう

第2クワッドリフトの山頂から左に出て、階段を登っていきます



ヘブンスの山頂付近は、白樺(ダケカンバ)の幼木の美しい森になっています



スノーシュートレッキングコースは、陽がよく当たる場所では、すでにとけはじめていました
雪がたまるところはふっかりとしていますが、こちらも、冬山用の登山靴かスノトレであれば、楽しく冬~春に向かっている自然の中を散策できそうです。

さてさて、展望台に戻りましょう。
ちなみに、第2リフト最終時間が16時となっています。遅れてしまうとゴンドラで降りるのも間に合わなくなってしまいますので、気をつけてくださいね。
今日も塩見岳~烏帽子岳&小河内岳が美しいですね~


パトロール やぶでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

よく読まれている記事

PAGE TOP