BLOG

パトロール日誌

2016.03.14

【3月14日】積雪情報その3「ザ・カミユキ・ヘブンス」三日間限定!?スノーシュー/スノートレッキング

お昼過ぎの3時になっても、まだまだ雪の降りが弱くなることを知らない、ヘブンスです。
積雪情報2がコブコブ滑りで満載になってしまったので、その3をお送りします。

信州の南部では、一般的に「ぼた雪」と言われるような、大きな結晶の雪を「かみゆき」(上雪とも紙雪とも書くようです)と呼んで、たくさん積もる象徴的な雪として、普通の雪(これが一般的に言われる「粉雪」なのでしょうが…)と区別しています。

今年は、この「かみゆき」が、ここに来るまでほとんどなかったのですが、3月も中旬に入って、来ましたね!
朝から今までで、20cm over!!といったところです。

突如ですが、、、
スノーシュー/スノートレッキング情報!! 
ここまで、あまりスノートレッキングをできる機会が少なかったのですが、この調子で夜まで降り続くと、一日の降雪量が30cmを超えそうで、ヘブンス山頂からの富士見台高原までの道が、完全に新雪に埋まりそうです。

まだ、スキーブーツでも歩ける深さではありますが、スノーシューでも楽しめそうな雪になってきています。


 ▲
 ヘブンス山頂から裏道まで、だいぶ埋まってきました

 富士見台高原までの道もすっかり真っ白。靴が埋まります。
 ▼



中央アルプスの南部の端っこにありつつ、ドカ雪!
これぞ、カミユキが来るヘブンスの本領発揮ですね!!


ゲレンデ情報雰囲気が一変してしまいました。

 朝に設置したネットが、もう埋まっています。。。
 ▼


 昨日まで狭いコースになっていたパノラマコースの首部分も、広々、真っ白になりました
 ▼

 営業前に圧雪されていたパノラマコースは、すっかり未圧雪新雪バーンに様変わり
 ▼


 土日でみなさんに楽しんでいただいた「みんコブ」エリアも、フカフカ雪&チビコブエリアとなっています
 ▼




予報では、今夜まで降り続いて、明日は冬型のまま晴れる、あさっては冬型が緩んで晴れるとのこと。
新雪をスノートレッキングで楽しむなら、今日含めて3日間が、今シーズン、最後のチャンスになりそうです。
すいません、平日ですが、あまりにもったいないので、ぜひともご都合をつけていただき、限定3日間の新雪祭り(と言っても、屋台とか出ている訳ではないのですが。。。)にご参加くださいね!
wheather

パトロール やぶでした。







この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

よく読まれている記事

PAGE TOP